DSEI Japan 2021 Logo

Speakers

Image

Loading
西山 淳一  (Mr Junichi Nishiyama)

西山 淳一 (Mr Junichi Nishiyama)

公益財団法人 未来工学研究所 政策調査分析センター 研究参与, Senior Research Fellow, Institute for Future Engineering

一般社団法人 日本宇宙安全保障研究所 副理事長

現在、(一社)日本戦略研究フォーラム 監事、衆議院調査局 客員調査員、(一社)先端加速器科学技術推進協議会 顧問、政策研究大学院大学 客員研究員、防衛装備庁有識者会議委員、内閣府・イノベーション政策強化推進のための有識者会議「安全・安心」委員。

北海道大学工学部機械工学第二学科卒業、北海道大学大学院機械工学研究科修了(修士)。1971年4月、三菱重工業(株)名古屋航空機製作所入社。同所技術部において国産空対空ミサイルの開発、SAM-X研究チーム、WESTPAC(西太平洋地域弾道ミサイル防衛構想)システム研究、ペトリオットシステム、BMD(ミサイル防衛)取りまとめ責任者などに従事。1998年、本社誘導機器・特車部長。2004年、本社航空宇宙事業本部副事業本部長。2007年、本社航空宇宙事業本部顧問。2011年9月末 三菱重工業(株)退職。2012年2月、未来工学研究所入所。

(賞歴等)

・昭和48年度(1973年)日本機会学会論文賞「せん断流における物体周辺の流れに関する研究(3編)」受賞(有江幹男、木谷勝、西山淳一(共同受賞))

・2007年米国防衛工業協会「BMDに関する日本との協力功績賞」受賞(防衛省、米国MDA(Missile Defense Agency)と共同受賞)


Mr. Nishiyama joined Mitsubishi Heavy Industries, Ltd. (MHI) in 1971 and worked on missile system development (air-to-air missile and air-to-ship missile).He worked on SAM-X study in 1975, which would replace NIKE-J surface-to-air missile. In 1985, he worked for Patriot system introduction to Japan, which was licensed production program from Raytheon.

In 1988, MHI contracted for WESTPAC (Western Pacific) TMD (Theater Missile Defense) Architecture Study from U.S. DOD and he took a major role on study in Japanese industry team.  He became a director for Japan Patriot program and Theater Missile Defense program of MHI in 1997.

He became a General Manager, Guided Weapon Systems Department, Aircraft and Special Vehicle Headquarters, MHI in 1998.  Then he became a Deputy General Manager, Aerospace Headquarters, MHI in 2004, being responsible for defense systems, such as fighters, helicopters, guided missiles, torpedoes, shipborne systems and BMD (Ballistic Missile Defense).  Then he was a Senior Advisor in 2007.

Mr. Nishiyama was retired from MHI at the end of September 2011.

Sessions